CrudeDrug:Fossilia Ossis Mastodi

From Metabolomics.JP
Jump to: navigation, search
生薬トップ
& 画像
総索引 生薬一覧 処方一覧 書籍一覧 雑誌一覧 用語対訳 中薬一覧

Contents

Picture

Photographs of Longgu (リュウコツ) (by Alps Pharm. アルプス薬品)
Alps:Fossilia Ossis Mastodi.jpg
1. China Neimenggu 内モンゴル 2. China 中国 3. China Shanxi 山西
4. China Henan 河南 5. China Shandong 山東 (1級) 7. China Shanxi 陝西
6. China Shandong 山東 (2級)

竜骨

References

  1. 【基原動植物から灰分等まで】第十六改正日本薬局方
  2. 【効能】矢作忠弘, 渥美聡孝, (以下8名)..., 牧野利明「歴代成書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化」生薬学雑誌, 71(1), 2017
  3. 【成分】生薬単 (伊藤美千穂 北山隆 監修; 原島広至 著) NTS

Prescriptions 処方一覧

桂枝甘草龍骨牡蠣湯 (ケイシカンゾウリュウコツボレイトウ)  桂枝加竜骨牡蛎湯 (ケイシカリュウコツボレイトウ)  桂枝去芍薬加蜀漆竜骨牡蠣救逆湯 (ケイシキョシャクヤクカショクシツリュウコツボレイキュウギャクトウ)  柴胡加竜骨牡蛎湯 (サイコカリュウコツボレイトウ)  

歴代成書に見られる生薬の効能に関する記載

利用する場合は以下を引用してください。

  • 矢作 忠弘,石内勘一郎,渥美 聡孝,三宅 克典,森永 紀,伏見 裕利,大山 雅義,森川 敏生,田中 謙,有田 正規,牧野 利明「歴代成書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化」生薬学雑誌, 71(1), 1-36, 2017
番号 書名 出版年 記載
3 局方医薬品承認申請の手引き 1980 記載なし
4 生薬のエキス製剤の製造販売承認申請に係るガイダンスついて(2015年12月25日薬生審査発) 2015 記載なし
5 JP7 第1部 大改訂版 第2部 解説書(1966) 1961 記載なし
6 JP8 解説書 1971 記載なし
7 JP9 解説書 1976 【適用】 漢方では心悸亢進、精神不安、不眠、遺精、寝汗などの症状に鎮静、収れんを目的として牡蠣などとともに漢方方剤に配合される。 D-929
8 JP10 解説書 1981 【適用】 漢方処方用薬である。 漢方方剤: (略) D-950
9 JP11 解説書 1986 【適用】 漢方処方用薬である。精神神経用薬とみなされる処方に少数例配合されている。 漢方処方: (略) D-1009
10 JP12 解説書 1991 【適用】 漢方処方用薬である。精神神経用薬とみなされる処方に少数例配合されている。 漢方処方: (略) D-1015
11 JP13 解説書 1996 【適用】 漢方処方用薬である。精神神経用薬とみなされる処方に少数例配合されている。 漢方処方: (略) D-1124
12 JP14 解説書 2001 【適用】 漢方処方用薬である。精神神経用薬とみなされる処方に少数例配合されている。 漢方処方: (略) D-1202
13 JP15 解説書 2006 【適用】 漢方処方用薬である。精神神経用薬とみなされる処方に少数例配合されている。 漢方処方: (略) D-667
14 JP16 解説書 2011 【適用】 漢方処方用薬である。精神神経用薬とみなされる処方に少数例配合されている。 漢方処方: (略) D-806
15 登録販売者試験実施ガイドライン作成検討会_試験問題の作成に関する手引き(厚生労働省医薬食品局総務課2007年7月) 2007 記載なし
19 『改訂生藥學』アルベルト・ウィカンド 大井玄洞 1887 記載なし
20 『生藥學』第5版 下山順一郎 1901 記載なし
21 『簡明生藥學』島崎健造 1909 記載なし
22 『最新薬学全書 第6編 生薬学』 伊藤治輔 編、日本薬学講習会 1913 記載なし
23 『生藥學』第13版 下山純一郎 朝比奈泰彦 1916 記載なし
24 『和漢薬物学』日野五七郎 一色直太郎 同済号書房 たにぐち書店復刻版 1931 続P197: 精神の激動による心悸動を鎮静し、魘されて発する悪夢を止め、健忘を治し、虚汗と称し冬季にありても食事の際に分泌する発汗を制し、下痢、遺精、子宮出血、帶下などにも応用す。
25 『薬理的生薬学』村上師壽 三省堂 1933 記載なし
26 『生藥學』第20版 下山順一郎 朝比奈泰彦 藤田直市 1934 記載なし
27 『生藥學』第27版 下山純一郎 朝比奈泰彦 藤田直市 1943 記載なし
28 『生藥學教科書』木村康一 1949 記載なし
29 『最新生薬学』刈米達夫 1949 記載なし
30 『生薬学』三橋博、醫學書院 1958 記載なし
31 『生薬学』第4版、藤田路一 1963 記載なし
32 『新編生薬学』東丈夫 名越規朗 廣川書店 1965 記載なし
33 『生薬学総論』柴田承二 東丈夫 木島正夫 下村孟 廣川書店 1966 P95: 鎮静剤、心悸亢進、異常興奮、不眠に用いる
34 『生薬学』稲垣勲 嶋野武 嶋田玄彌 長沢元夫 南江堂 1967 P227: 心悸亢進、異常興奮、不眠症などに鎮静薬とする。
35 『和漢生薬』刈米達夫 廣川書店 植物分類学での順 1971 記載なし
36 『最新生薬学 第三改槁版』刈米達夫 廣川書店 1973 記載なし
37 『スタインエッガー・ヘンゼル生薬学〔上〕‐化学・薬理学へのアプローチ‐第3版』糸川秀治 太田明廣 西川嘉廣 廣川書店 1975 記載なし
38 『スタインエッガー・ヘンゼル生薬学〔下〕‐化学・薬理学へのアプローチ‐第3版』糸川秀治 太田明廣 西川嘉廣 廣川書店 1976 記載なし
39 『生薬学』 木島正夫 澤田徳之助 秦清之 朝倉書店 1978 P313: 漢方で心悸亢進、精神不安、不眠、遺精などの症状に鎮静、収れんの目的の処方に配合される。
40 『新常用和漢薬集』訂正第2版 東京生薬協会 編集 南江堂 1978 P137: 漢方では収れん性鎮静薬とし、臍下動悸を静め、驚狂、燥、失精、不眠を治す目的で漢方薬方に用いられる。
41 『最新生薬学総覧』伊沢一男 学文社 1978 P129: 漢方では神経の安定、鎮静に用いられる。心悸亢進、不眠、異常興奮などに応用。
42 彩色写生図 日本の薬用植物〔生薬〕 生薬-成分-漢方-〔処方例〕高取治輔 廣川書店 1980 記載なし
43 『生薬学第2版』北川勲 三川潮 庄司順三 滝戸道夫 友田正司 西岡五夫 廣川書店 1982 P337: 漢方で鎮静、収斂を目標に心悸亢進、精神不安、不安などの症状に用いる
44 『コメンタリー局方生薬』初版 桑野重昭 山内和子 米田該典 廣川書店 1984 P402: 漢方で鎮静薬(腹部のどうき、いらいら、不眠、めまい、寝汗、下痢、遺精、帯下などに)として処方。
45 『新訂生薬学 第2版』長沢元夫 野呂征男 萩原幸夫 木村孟淳 南江堂 1987 P237: 心悸亢進、異常興奮、不眠症などに鎮静薬とする。
46 『コメンタリー局方生薬』 第2版 桑野重昭 山内和子 米田該典 廣川書店 1987 P448: 漢方で鎮静薬(腹部のどうき、いらいら、不眠、めまい、寝汗、下痢、遺精、帯下などに)として処方。
47 『INTEGRATED ESSENTIALS 生薬学 改訂第3版』三橋博 指田豊 山﨑和男 南江堂 1989 P284: 心悸亢進、精神不安、不眠、遺精などの症状に鎮静、収斂の目的で、桂枝加竜骨牡蠣湯などの漢方処方に配合する。牡蛎とともに配合することが多い。
48 『生薬学概論』 難波恒雄 津田喜典編 南江堂 1990 P357: 鎮静、収斂薬。
49 『生薬学改訂第4版』 三橋博 井上隆夫編集 南江堂 1992 P284: 心悸亢進、精神不安、不眠、遺精などの症状に鎮静、収斂の目的で桂枝加竜骨牡蠣湯、柴胡加竜骨牡蠣湯の漢方処方に配合する。牡蛎とともに配合することが多い。
50 『天然薬物・生薬学』 初版 奥田拓男編 廣川書店 1993 P186: 漢方で重鎮安神薬とし、精神神経用薬などに配合。平肝潜陽、収斂、止血にも効があるとする。
51 『薬用資源学』初版 山崎幹夫 斉藤和季編 丸善 1997 P232: 漢方処方用薬(精神神経用薬とみなされる処方に配合)
52 『漢方薬理学』高木敬次郎 木村正康 南山堂 1997 記載なし
53 『生薬学概論(改訂第3版)』 難波恒雄 津田喜典 南江堂 1998 P357: 鎮静、収斂薬。
54 『生薬学第6版』 北川勲 三川潮 庄司順三 滝戸道夫 友田正司 西岡五夫 廣川書店 2001 P329: 漢方で鎮静、収斂を目標に心悸亢進、精神不安、不安などの症状に用いる
55 『INTEGRATED ESSENTIALS 生薬学 改訂第6版』 指田豊 山﨑和男 南江堂 2002 P326: 心悸亢進、精神不安、不眠、遺精などの症状に鎮静、収斂の目的で、桂枝加竜骨牡蠣湯などの漢方処方に配合する。牡蛎とともに配合することが多い。
56 『入門漢方医学』初版 日本東洋医学会学術教育委員会 編 日本東洋医学会発行 2002 P156: 鎮静
57 『漢方・生薬学』久保道德 吉川雅之 廣川書店 2003 P350: 漢方処方では精神神経用薬、特に精神安定作用を目的とする処方に少数例配合されている。中国では、さらに盗汗に用いられる。牡蛎と併用されることが多い。
58 『薬学生・薬剤師のための知っておきたい生薬100ー含漢方処方ー』第1版、日本薬学会編、東京化学同人 2004 P63: 異常興奮、不眠、心悸亢進の治療。配合処方: 柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蠣湯など
59 『薬学生のための漢方薬入門』第2版、指田豊 三巻祥浩、廣川書店 2004 P104: 鎮静薬として、心悸亢進、異常興奮、不安、不眠、子供のひきつけなどに応用する。処方例: 桂枝加竜骨牡蠣湯、柴胡加竜骨牡蛎湯
60 『スタンダード薬学シリーズ3 化学系薬学Ⅲ 自然が生み出す薬物』第1版 社団法人日本薬学会 編 東京化学同人 2005 記載なし
61 『薬用植物学 改訂第6版』 野呂征男 水野瑞夫 木村孟淳 田中俊弘 南江堂 2006 記載なし
62 『パートナー生薬学』 指田豊 山﨑和男 竹谷孝一 南江堂 2007 P337: もっぱら漢方に使い、精神安定をはかり、痙攣発作を鎮める。虚を補い汗を止め、遺精を治す。腎・腸の気を補い、下痢を治す。外用では、できものを治すなどの薬能がある。精神不安、動悸、健忘、不眠多夢、寝汗、遺精、インポテンツ、吐血、鼻出血、血便、不正子宮出血、傷口がふさがらない慢性潰瘍などを主治する。精神安定薬、強壮薬とみなされる漢方処方に配剤される。
63 『生薬単』 伊藤美千穂 北山隆 NTS 2007 P282: 中枢神経抑制作用
64 『ベーシック薬学教科書シリーズ⑦生薬学・天然物化学』吉川雅之編 化学同人 2008 P91: 異常興奮、不眠、心悸亢進の治療。漢方処方: 柴胡加竜骨牡蛎湯など
65 『伝統医薬学・生薬学』 御影雅幸 木村正幸 南江堂 2009 P268: 鎮静、収斂薬。(中)重鎮安神薬
66 『日本伝統医学テキスト漢方編』平成22-23年度厚生労働科学研究費補助金『統合医療を推進するための日本伝統医学の標準化』研究班 2012 記載なし
67 『新訂生薬学 改訂第7版』 木村孟淳 田中俊弘 水上元 南江堂 2012 P230: 心悸亢進、異常興奮、不眠症などに鎮静薬として、牡蛎とともに用いる。
68 『歴代日本薬局方収載生薬大事典』 木下武司著 2015 P403: もっぱら漢方に用いる。
73 青本「化学」、薬学ゼミナール 2016 P584: 精神神経用薬、鎮静
74 コアカリ重点ポイント集「化学系薬学」改訂第4版 薬学ゼミナール 2014 P152: 強心、鎮痛、解熱
Personal tools
Namespaces

Variants
Actions
Navigation
metabolites
Toolbox
In other languages