Species:Schomburgkia

From Metabolomics.JP
Jump to: navigation, search
総索引 目名一覧 科名一覧 リンク集・画像 食品・薬品





Scientific Classification
(based on APG-II and Taxonomicon)
division
Jpn.
Tracheophyta
維管束植物門
class
Jpn.
Liliopsida
ユリ(単子葉植物)綱
subclass
Jpn. 亜綱
Liliidae
ユリ亜綱
order
Jpn.
Asparagales
クサスギカズラ目
suborder
Jpn. 亜目
[[:Category:|]]
infraorder
Jpn. 下目
[[:Category:|]]
parvorder
Jpn. 小目
[[:Category:|]]
superfamily
Jpn. 上科
[[:Category:|]]
family
Jpn.
Orchidaceae
ラン科
subfamily
Jpn. 亜科
Epidendroideae
tribe
Jpn.
Epidendreae
subtribe
Jpn. 亜族
Laeliinae
genus
Jpn.
Schomburgkia



Contents

Information

植物学名対象DataBase

For comprehensive information, visit Schomburgkia page. (BY Shigeharu Okamoto)

植物種Schomburgkiaに関する統合情報ページはこちらです。

  • Schomburgkia Lindl.
ラン科 【属名】ションバーグキア属 [Schom.] メキシコから熱帯アメリカ・トリニダードに約15種が分布する。偽鱗茎は紡錘形~長円筒形で、葉を2~3個頂生する。花柄は長く伸び、花を多数つける。ときにレリアに含めて扱われる。
  • Schomburgkia brysiana Lem.;Schomburgkia tibicinis
ラン科 ションバーグキア・ブリシアナ 中米・西インド諸島に分布。花は径約6cm、濃黄色に橙褐色を帯び、唇弁に赤紫色がはいる。花期は夏。
  • Schomburgkia crispa Lindl.;Laelia gloriosa
ラン科 ションバーグキア・クリスパ ブラジル・ギアナ原産。花は径5cm、萼片と側花弁は樺色で縮れ、唇弁は白~淡桃色。花期は冬。本属のタイプ種。
  • Schomburgkia lyonsii Lindl.;Laelia lyonsii
ラン科 ションバーグキア・ライアンシー キューバ・ジャマイカ原産。花は径5cm、白地に紫点が入る。花期は晩夏~晩秋。
  • Schomburgkia superbiens Rolfe;Laelia superbiens
ラン科 ションバーグキア・スペルビエンス メキシコ・グアテマラ・ホンジュラス産。花は径約12cm、側花弁は波状で桃紫色、唇弁は濃深紅色。花期は冬。
  • Schomburgkia thomsoniana Rchb.f.;Laelia thomsoniana;Myrmecophila thomsoniana
ラン科 ションバーグキア・トムソニアナ 西インド諸島原産。花は径7cm、淡黄色で、唇弁の中央裂片は暗紫褐色~紅紫色。花期は春。
  • Schomburgkia tibicinis Bateman;Laelis tibicinis;Myrmecophila tibicinis
ラン科 ションバーグキア・ティビキニス メキシコ原産。花は径5cmほどあり、鮮紫紅色あるいは褐橙色でねじれがある。
  • Schomburgkia undulata Lindl.;Laelia undulata
ラン科 ションバーグキア・ウンドゥラタ コスタリカ~トリニダード産。花は径5cm、暗紫褐暗紫赤色で、側花弁がねじれる。花期は春。

Links

Images



Trivia


Personal tools
Namespaces

Variants
Actions
Navigation
metabolites
Toolbox
In other languages