Species:Ascocentrum

From Metabolomics.JP
Jump to: navigation, search
総索引 目名一覧 科名一覧 リンク集・画像 食品・薬品





Scientific Classification
(based on APG-II and Taxonomicon)
division
Jpn.
Tracheophyta
維管束植物門
class
Jpn.
Liliopsida
ユリ(単子葉植物)綱
subclass
Jpn. 亜綱
Liliidae
ユリ亜綱
order
Jpn.
Asparagales
クサスギカズラ目
suborder
Jpn. 亜目
[[:Category:|]]
infraorder
Jpn. 下目
[[:Category:|]]
parvorder
Jpn. 小目
[[:Category:|]]
superfamily
Jpn. 上科
[[:Category:|]]
family
Jpn.
Orchidaceae
ラン科
subfamily
Jpn. 亜科
Epidendroideae
tribe
Jpn.
Vandeae
subtribe
Jpn. 亜族
Aeridinae
genus
Jpn.
Ascocentrum



Contents

Information

植物学名対象DataBase

For comprehensive information, visit Ascocentrum page. (BY Shigeharu Okamoto)

植物種Ascocentrumに関する統合情報ページはこちらです。

  • Ascocentrum Schltr. ex J. J. Sm.
ラン科 【属名】アスコケントルム属 [Asctm.] エピデンドルム亜科バンダ連サルカンツス亜連。ヒマラヤ~マレーシアに13種が分布する。小型の着生ラン。立ち上がる茎に、肉厚の葉を互生する。花茎は直立し、多数の花を総状につける。バンダを始めとする近縁属と盛んに交配され、多数の園芸品種が作出されている。
  • Ascocentrum ampullaceum Schltr.;Saccolabium ampullaceum;Aerides ampullaceum
ラン科 アスコケントルム・アンプラケウム ヒマラヤ・ビルマ・タイに分布。花は径1.8cmで紅桃色。花期は春~初夏。
  • Ascocentrum curvifolium Schltr.;Saccolabium curvifolium
ラン科 アスコケントルム・クルウィフォリウム ネパールからタイ・インドシナにかけて分布。花は径2~2.7cm、緋色で唇弁が黄色。花期は初夏。
  • Ascocentrum garayi Christenson
ラン科 アスコケントルム・ガライー ヒマラヤ・タイ・インドシナに分布。花は径約1cmで橙黄色。花期は春~初夏。一般にミニアツムの名で栽培されているものは本種である。
  • Ascocentrum hendersonianum Schltr.;Saccolabium hendersonianum;Dyakia hendersoniana
ラン科 アスコケントルム・ヘンダーソニアヌム ボルネオ産。花は桃赤紫色で唇弁と距は白色。花期は夏。
  • Ascocentrum miniatum Schltr.;Saccolabium miniatum
ラン科 アスコケントルム・ミニアツム ヒマラヤからジャワまで分布。花は径1~1.5cmで鮮黄色。花期は初夏。本属のタイプ種。
  • Ascocentrum pumilum Schltr.;Saccolabium pumilum
ラン科 アスコケントルム・プミルム 台湾産の小形種。花は鮮紫紅色で径1cm弱。花期は冬。

Links

Images



Trivia


Personal tools
Namespaces

Variants
Actions
Navigation
metabolites
Toolbox
In other languages