Species:Cinnamomum

From Metabolomics.JP
(Difference between revisions)
Jump to: navigation, search
 
(8 intermediate revisions by one user not shown)
Line 1: Line 1:
{{Sci Class
+
{{PlantGenus/Header}}
 +
 
 +
<!---
 +
{{Twocolumn|
 +
''Cinnamomum cassia'' is an older name. ''Cinnamomum aromaticum'' is scientifically correct, but pharmacopeia follows the older name because it is also legal sentences.
 +
|
 +
''Cinnamomum cassia''は旧名。現在は''Cinnamomum aromaticum''が正式名だが、薬局方その他は法律のため、全て旧名で統一されている。(Kostermanによる変更の証拠が必要)
 +
}}
 +
2016現在、cassia が正式名称。
 +
The Plant List
 +
http://www.theplantlist.org/tpl/record/kew-2721201
 +
US national plant germplasm system
 +
https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomydetail.aspx?70182
 +
encyclopedia of life
 +
http://eol.org/pages/483593/overview
 +
--->
 +
 
 +
{{PlantGenus
 
|order=Laurales
 
|order=Laurales
|orderJ=クスノキ目
 
 
|family=Lauraceae
 
|family=Lauraceae
|familyJ=クスノキ科
 
 
|genus=Cinnamomum
 
|genus=Cinnamomum
}}
+
|nameListJ=シナモン
 
+
{{RelationTable
+
|{{#SearchLine:&{{PAGENAME}}|Reference}}}}
+
{{CrudeDrug/genus|Cinnamomi Cortex}}
+
{{List Image
+
|Cinnamomum iners
+
&[http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/inu-nikkei.html イヌニッケイ(犬肉桂)]
+
&Cinnamomum cassia
+
&[http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/sina-nikkei.html シナニッケイ(支那肉桂)]
+
&Cinnamomum zeylanicum
+
&[http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/seiron-nikkei.html セイロンニッケイ(セイロン肉桂)]
+
}}
+
{{List Image/NameList|}}
+
{{List Image/NameList|シナモン}}
+
 
+
 
+
{{List Description
+
|Cinnamomum camphora;Laurus camphorata; Laurus camphora
+
&&クスノキ科 クスノキ;クス(楠; 樟);ホウショウ(芳樟);ナンジャモンジャ camphor tree; camphor laurel 常緑大高木。葉は卵形で光沢があり濃緑色。裏面には青灰色の濃淡があり、若葉では赤味がかる。枝・根・木部を蒸留して樟脳を採取する。
+
&&Cinnamomum cassia;C.aromaticum
+
&&クスノキ科 トンキンニッケイ;ケイ(桂);カシア cassia bark 常緑高木。樹皮が香料に使われるが、シナモンより香りが強い。
+
&&Cinnamomum japonicum
+
&&クスノキ科 ヤブニッケイ(薮肉桂);マツラニッケイ(松浦肉桂);クロダモ;クスタブ
+
&&Cinnamomum sieboldii
+
&&クスノキ科 ニッケイ(肉桂) Japanese cinnamon
+
&&Cinnamomum verum;Cinnamomum zeylanicum Blume; Laurus cinnamomum
+
&&クスノキ科 セイロンニッケイ;シナモン cinnamon 常緑高木。樹皮は料理や菓子の香り付けにされる。
+
}}
+
 
+
{{List Usage
+
|Cinnamomum zeylanicum
+
&&[香辛料]樹皮を香辛料に用いる。&&[原産]中国南部からベトナム。紀元前4000年ごろからエジプトでミイラの防腐剤として使用。中国では薬学書「神農本草経」(後漢時代、25年クA群20年)に記載されている。[日本伝来]日本には8世紀前半に伝来し、正倉院の御物の中に残されている。江戸時代、亨保年間に樹木が伝来。&&
+
}}
+
 
+
{{List_Links|
+
&&Plant Image Gallery&&http://pharm1.pharmazie.uni-greifswald.de/gallery/gal-laur.htm&&
+
&&植物学リソース&&http://loasa.s15.xrea.com/botany/SPECIES/Dicotyledoneae/Lauraceae&&
+
&&植物雑学辞典&&http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/lauraceae/lauraceae.htm&&
+
 
}}
 
}}

Latest revision as of 15:23, 5 January 2017

総索引 目名一覧 科名一覧 リンク集・画像 食品・薬品



Japanese Common Names: シナモン


Scientific Classification
(based on APG-II and Taxonomicon)
division
Jpn.
Tracheophyta
維管束植物門
class
Jpn.
Magnoliopsida
モクレン綱
subclass
Jpn. 亜綱
Magnoliidae
モクレン亜綱
order
Jpn.
Laurales
クスノキ目
suborder
Jpn. 亜目
[[:Category:|]]
infraorder
Jpn. 下目
[[:Category:|]]
parvorder
Jpn. 小目
[[:Category:|]]
superfamily
Jpn. 上科
[[:Category:|]]
family
Jpn.
Lauraceae
クスノキ科
subfamily
Jpn. 亜科
[[:Category:|]]
tribe
Jpn.
[[:Category:|]]
subtribe
Jpn. 亜族
[[:Category:|]]
genus
Jpn.
Cinnamomum





Contents

[edit] Information

Flavonoid

生薬

  • 生薬の桂皮油はニッケイ( Cinnamomum cassia Blume Cinnamomum zeylanicum Nees)の葉、小枝、樹皮である。
  • 生薬の桂皮はニッケイ(Cinnamomum cassia Blume)の樹皮である。

環境省による絶滅、あるいは危惧種

Rank Japanese Name (和名) Latin Name (学名)
準絶滅危惧(NT) マルバニッケイ Cinnamomum daphnoides
準絶滅危惧(NT) ニッケイ Cinnamomum sieboldii


沖縄県による絶滅、あるいは危惧種

Latin Name
(our page)
和名
(Okinawa Pref.)
科名 県版RDB 環境庁RDB、他
Cinnamomum daphnoides Siebold et Zuccarini マルバニッケイ クスノキ科 希少種 現状不明種

沖縄の薬用植物(沖縄県工業技術センター)

OITC Page Family Name
(Japanese)
Our page
クスノキ クスノキ科 Cinnamomum camphora (L.) Presl.
ヤブニツケイ クスノキ科 Cinnamomum japonicum Sieb.ex nees.

ヨーロッパの薬用植物 Codex Vegetabilis (1957)

Cinnamomum burmanni  Cinnamomum camphora  Cinnamomum cassia  Cinnamomum loureirii  Cinnamomum oliveri  Cinnamomum zeylanicum  

バングラデシュの薬用植物

Cinnamomum verum J. Presl

フィリピンの薬用植物

Scientific Name English Name Tagalog Name SXRoundLogo.jpg
Cinnamomum zeylanicum Blume Ceylon cinnamon Canela
Cinnamomum mercadoi S.Vidal cinnamon Kalingag
Cinnamomum iners Reinw. wild cinnamon Namog

[edit] Edibility, Medicinal Usage (食品,薬品用途)

For comprehensive information, visit Cinnamomum page. All genera with edibility information is here. (BY Shigehiko Kanaya)

植物種Cinnamomumに関する総合情報ページはこちらです。食べ方情報が載せてある植物属の一覧はこちらです。

Cinnamomum zeylanicum

[香辛料]樹皮を香辛料に用いる。 [原産]中国南部からベトナム。紀元前4000年ごろからエジプトでミイラの防腐剤として使用。中国では薬学書「神農本草経」(後漢時代、25年クA群20年)に記載されている。[日本伝来]日本には8世紀前半に伝来し、正倉院の御物の中に残されている。江戸時代、亨保年間に樹木が伝来。

[edit] 植物学名対象DataBase

For comprehensive information, visit Cinnamomum page. (BY Shigeharu Okamoto)

植物種Cinnamomumに関する統合情報ページはこちらです。

  • Cinnamomum camphora;Laurus camphorata; Laurus camphora
クスノキ科 クスノキ;クス(楠; 樟);ホウショウ(芳樟);ナンジャモンジャ camphor tree; camphor laurel 常緑大高木。葉は卵形で光沢があり濃緑色。裏面には青灰色の濃淡があり、若葉では赤味がかる。枝・根・木部を蒸留して樟脳を採取する。
  • Cinnamomum cassia;C.aromaticum
クスノキ科 トンキンニッケイ;ケイ(桂);カシア cassia bark 常緑高木。樹皮が香料に使われるが、シナモンより香りが強い。
  • Cinnamomum japonicum
クスノキ科 ヤブニッケイ(薮肉桂);マツラニッケイ(松浦肉桂);クロダモ;クスタブ
  • Cinnamomum sieboldii
クスノキ科 ニッケイ(肉桂) Japanese cinnamon
  • Cinnamomum verum;Cinnamomum zeylanicum Blume; Laurus cinnamomum
クスノキ科 セイロンニッケイ;シナモン cinnamon 常緑高木。樹皮は料理や菓子の香り付けにされる。

[edit] Links

[edit] Images


[edit] Trivia


Personal tools
Namespaces

Variants
Actions
Navigation
metabolites
Toolbox
In other languages