Aritalab:Lecture/Basic/Report

From Metabolomics.JP
Jump to: navigation, search
Wiki Top Up one level レポートの書き方 Arita Laboratory

Contents

論文・レポートの書き方

大学に入ると長いレポート(といってもA4用紙に5~10枚程度)を書かされます。 レポートを課す先生側は研究者として論文を書き慣れているため、 レポートの形式を「論文形式で」と簡単に言う場合が多いです。 この形式について簡単に紹介します。

論文・レポートには決まった書き方がある

生命科学系の論文は、大抵

  1. Introduction (またはBackground)
  2. Results
  3. Discussion
  4. Materials and Methods
  5. References

という構成になっています。計算機科学の場合は

  1. Introduction / Background
  2. Related Works
  3. Results / Algorithms 等
  4. Discussion
  5. References

という形が多いです。各セクションで書くべき内容を簡単に解説します。

Introduction
日本語では「序論」になります。レポートの場合はまず課題の内容を記し、課題の位置づけや重要性を簡潔に記してください。論文の場合は半年ぐらい文献調査をするので、その結果もここに記述します。
Results
日本語では「結果」や「結論」になります(結論がレポートの二番目にくることに注意)。自分が課題に取り組んで得た結果を記してください。数学の証明問題であれば、数式を含めた証明の道筋を記述します。プログラミング演習であれば、プログラムの概要と得られた結果を記述します。ここでプログラムのソースコードをそのまま添付してはいけません。プログラムの概要と、そのプログラムに行き着いた経緯を記すことが重要です。他の人がその内容を読んで、結果を再現できるように解説します。内容は可能な限り客観的にします。
Discussion
得られた結果の「考察」です。数学の問題であれば応用先、プログラミング演習であればエラーの可能性や実行時間の考察、実現できなかったことや結論の一般性、今後の課題などです。ここは個人の見解や意見を反映する部分なので必ず記述するようにしてください。ある程度、私見が入る部分になります。
Materials and Methods
生命科学の実験に関する論文では、ここに試薬や実験手続きの詳細を記します。レポートの場合は特に記述する必要はありませんが、証明やプログラムの内容が煩雑になる場合は、この部分に詳細を書いても良いでしょう。
References
日本語では「文献」にあたります。参考にした論文や書籍は必ず記述してください。参考にすることは「書き写す」こととは違うことに注意しましょう。また文献情報は読んだ人がその文献を探し出せるように記述することが必須です。
書籍の場合 ... 著者、書名、出版社、出版年(出版地)を記してください。場合によっては文献として利用した章やページの番号を記すとより親切です。
例. 木下 是雄 「理科系の作文技術」 中公新書, 1981
例. Darwin C "On the Origin of Species by Means of Natural Selection, or the Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life" John Murray, 1859, London
論文の場合 ... 著者、論文名、雑誌名、巻号ページ、年を記してください。(Science誌やNature誌のように誌面が非常に限られる雑誌は論文名を省略していますが、大多数の雑誌では論文名が入ります。)
例. Watson JD, Crick FHC "A structure for Deoxyribose Nucleic Acid" Nature 171:737,1953

論文・レポートのスタイル

Style Manual

論文の書き方は学会や時代によっても変化します。論文や原稿の書き方を示したものはStyle Manualと言われ、以下のものが有名です。

  • "The Chicago Manual of Style, 15th ed." University Of Chicago Press, 2003 (オンライン版)

アメリカ化学会の出す論文のスタイルマニュアル

  • Coghill AM, Garson LR (2006) "ACS Style Guide: Effective Communication of Scientific Information, 3rd ed." American Chemical Society and Oxford University Press: Washington, DC and Oxford.

受身か I か We なのか

英語論文において、客観性を保つために論文は受身で書くというスタイルが昔は主流でした。しかし最近は、"We tested ..." のように主語を明示的に書くことを推奨する英文誌もあります。例えばGenome Researchには "We prefer the manuscript be written in active rather than passive voice. " と書かれています。 さらに、単著でも主語は we にするというスタイルが昔は常識でした。しかし最近は、I で記述する論文も見かけます。論文の場合は各雑誌の編集方針に合わせてください。学位論文の場合は単著であることを強調するので I で書くことが多いようです。

読むとためになる参考書

  • 木下 是雄 「理科系の作文技術」 中公新書, 1981
  • Strunk Jr W, White EB "The Elements of Style, 4th ed." Pearson Education Company, 2000


プログラミング課題のレポート

プログラムの課題を出すと、自分で書いたプログラムや実行結果だけを送ってくる人がいます。 いったん課題を提出された側の立場にたって、それで成績評価が可能かどうか考えてみてください。(無理ですよね。) 自分がどのような工夫を施して、それをどのように実現したのか、過程を書いた上でプログラムを添付するようにして下さい。

またプログラムを提出する際はソースコードを添付します。実行形式を添付されても、何もわかりません。(こちらで実行ファイルを開くことはしません。)

困った課題提出メールの例
学籍番号○○の××です。課題を提出します。

以下が出力結果です。プログラムコードは添付します。

(としてテキストファイルが添付されている。)

入力

...


出力

...


よってうまく動いています。


好ましい課題提出メールの例
学籍番号○○の××です。○月×日の課題を提出します。

PDFの中に考察とプログラムコードがあります。

(としてPDFが添付されている。)


プレゼンテーションの仕方

Personal tools
Namespaces

Variants
Actions
Navigation
metabolites
Toolbox